Wisdom for Recovery 回復の知恵

不倫問題に特化した心の回復の知識や知恵を更新中!
不倫をされた人も、不倫をした人も怒りを手放し、お互いが癒されるために…

オーラです
とっても久しぶりのブログになりますが、
昨日は、過去を思い出してしまう嫌な事があり、
なんだかなぁと思っていたら、そんな嫌なタイミングで
昨日から、主婦が不倫に走ってしまうドラマ
上戸彩と吉瀬美智子主演の「昼顔」がスタート。

もーっとダークな気分に陥り、
こりゃぁブログでも書いて気持ちのデトックスしなきゃと久々に更新する
ことにしました。

おんなじような状況、キーワードで不倫された方きっと
たくさんいるのではないでしょうか?


http://www.fujitv.co.jp/hirugao/index.html  ←「昼顔」の番宣WEBはこちら




2008年の7月
私の夫はこのドラマに出てくるような主婦と(出会った状況は違いますが)
「アサイチ!!」で場末のラブホテルに向いました。
朝の10時にチェックインしてました(笑)
それも、我が家の乳飲み子の臭いや、家庭の事情がたっぷり満載のマイカーでお迎えして。

不倫が発覚してから7月が来るたび、
それから7月から不倫が終焉するまでの数ヶ月の嫌な記憶ですが、
2.3年はもう本当に苦しみ、日にちも何月何日と詳しく
記憶が刻まれていたため、夏は酷く辛い時期でしたがこれも回復ですね。

今となれば日時など曖昧で、なおかつ、どうでも良いって気持ちになれるまで来れました。



夫の相手女性は 新築の建ったばかりの素敵なおうちから
朝、旦那さんと、ちょうど今の私のような小学校に上がったばかりの子供を
きっと笑顔で送り出し・・・・・
ドアを閉めたあと、高鳴る気持ちを抑えながらどんな気持ちで
下着や服を選び準備していたのか・・・・

しばらくはずっと、この妄想の呪縛に私の頭も心も占拠されていました。


下記は発覚後、錯乱状態の中で相手女性に私が送りつけたメールです。



家族を送ったあと、髪や体を念入りに洗い、勝負下着つけて
いいにおいの何かをつけて 一番自分の似合う服を着て
主人との待ち合わせ場所にさぞ幸せな気持ちで
向ったのでしょうね!!と  


今振り合えると、完全にクレイジーだし壊れかけてますね。

でもそれくらい 見えない大きなばっくりと開いた傷で、身も心も痛めつけられている
のですから当然の事だったんだと、今振り返っても言えると思います。






そんな私の小学校に上がった息子も今日で1学期終了。
今日通信簿を持って帰ってきます。

あの夏の日、夫不倫相手は
夫と不貞を犯した以降にやってきた子供の夏休みを、きっと恨んでいたんだろうなと
ずっと感じました。
だって子供が四六時中家に居られたら、会う約束も出来ないし、週末は旦那さんがいるし。
さぞかし次の逢瀬の9月までは、長い長い日々だったのでしょう。


私は今その女性と同じ状況に立っているわけですが、
ありえない・・・・・ありえない・・・・ あってはいけない・・・・・
それしか言えないし、想像もできません。



不倫は たくさんの人のを傷つけ 心と体も傷つけなにも得るものはありません。

今日もそんな渦中から足を洗いたいと思っている人が、どれほど居る事か。

加害者としてさらけ出される前にぜひ歯止めをかけて欲しいと願うばかりです。



昼顔ですが、実はまだ見てません。やっぱり時期が時期だけに
思い出しちゃいますね。


そんな不倫で苦しんでいるあなた


私たちと一緒にミーティングをして、明るい出口への一歩を踏み出しませんか?




そうそう!キャンディさんに 元気な赤ちゃん生まれました♪

私たちの新しい命、新しい一歩です。嬉しいな!







-------------------------------------------------------------------------------------

7月のミーティングの予定


26日(土) 10時から12時

参加費 3000円

場所なのですが、7月はいつもの場所が取れませんでした
参加申し込みの人数などをみてから都内の施設を決めますので
いつもより締め切りを早めにさせて下さい


26日は19日までにご連絡下さい


  bantokyo2008@gmail.com



あたらしい命

2014.06.30 22:02:00

こんばんは、天候がくるくると変わる日が続いています
体調管理が大変ですね

キャンディさんのおめでたの報告がありました
ここに至るまでの彼女の葛藤が書かれていましたが
私達もキャンディさんのおめでたを知らされたのは
かなり安定期に入ってからだったと思います

結論をだすまでのキャンディさんの葛藤がしのばれるだけに
おめでたを知らされた時にはジ――ンと来てしまいました
彼女自身も書いていますが、まだ若いキャンディさんは
つねに離婚という選択肢と隣り合わせの夫婦再生をしています
結婚・出産とほとんど平行して不倫問題と向き合わざるを得なかった現実
若いだけにたくさんの選択肢がある状況は私のような熟年夫婦の
不倫問題とは違った苦しさや葛藤があったことでしょう

そんな中でも、迷いながら、揺れながら、決断されたこと

そのキャンディさんの意志のなかには、たとえ離婚という決断を
することになろうと、自分が子供達の命は絶対に守る!という
強さが伺われました

家事も育児もよく手伝い、また、第二子の出産を心待ちにしている
APさんの姿はほほえましくもありますが、彼なりの深い闇も
抱えています
その事も含め全てを背負い新しい命をはぐくむ覚悟を決められた
キャンディさんのこと、とても格好良いなあ!と思います

その決断をしたと同時に命を授かったということも
タイミングの妙で、神様の計らい、ということなのだなあ、と

人生はどう流れていくのか予測はできません
でも、辛い経験を通して、たくさんの涙を流して
夫婦という一体の、心も身体も引きはがされるような痛みに耐えて
私達が得たものは自分軸に立ちかえるということ

夫婦といえど、個々の人間、不倫という本当に辛い出来事では
あったけれど、それがなければ見いだすこともなかったであろう
自分のぶれない軸
それに気づくことができた私達は、もうこの先に何があろうと大丈夫

多少揺れるだろうけれど、ポッキリと折れることはないでしょう
これからはどんどん根っこを張ってもっと強くなれたら、と思います



28日土曜日に打ち合わせを兼ねてミーティングを開きました
来月出産を控えているのにキャンディさんの足取りはとても軽やか
お肌もピカピカして、命のエネルギーを感じました
もうすぐ新しいベビーとご対面です
私達仲間もその瞬間を心待ちにしています

7月からのミーティングは最強メンバーの一人
パープルさんがお手伝い下さることになりました
また、今後の活動も含め、個別の対応も考えています

-------------------------------------------------------------------------------------

7月のミーティングの予定

12日(土) 10時から12時
26日(土) 10時から12時

参加費 3000円

場所なのですが、7月はいつもの場所が取れませんでした
参加申し込みの人数などをみてから都内の施設を決めますので
いつもより締め切りを早めにさせて下さい

それぞれ7日前で締め切ります
12日は5日まで
26日は19日までにご連絡下さい


bantokyo2008@gmail.com













こんにちは、またまたご無沙汰しております、キャンディです。
落ち着かない、気持ちも滅入るようなお天気も続きますが、
皆様お変わりございませんか。

不定期ながら細々と続けてきた新メンバーによるミーティングも回を重ね、
新規の方も含めた沢山の出会いには本当に感謝しております。
ご連絡をいただきながらもなかなかご都合が合わない方もいらっしゃいますが、
必ず然るべきタイミングでお会いできるはず・・・と確信しています。

さて、非常に個人的なご報告で恐縮なのですが、私キャンディは今臨月でして、
もうすぐ出産を迎えることとなりました。
幸い上の子供は4歳も過ぎだいぶ手がかからなくなってきたことや
実母に頼りやすい状況などもありこのBANミーティングにも出来るだけ
早く復活したいと考えていますが、来月以降の予定などはフランボワーズさん
中心に相談し、また決まり次第こちらでもご連絡していきます<(_ _)>

結婚の直後から悩んできた不倫問題との格闘の時間も5年目を迎えよう
としているところですが、その間、夫の反省という希望と再発覚という絶望
を繰り返し、私自身の気持ちも大きくぶれてばかりいました。
私はもともと「子供が二人以上ほしいな~」という思いはあったのですが、
常に「離婚」という選択肢が隣り合わせの婚姻期間の中で、そんな願望は
現実味を持たずにいました。
夫は私以上に子供を望んでおり(でも不倫をしてしまうという、
ズレズレな彼ですが!)子育てのパートナーとしては信頼を感じることも多々ありつつも、
あくまで私の中では「夫婦再生を果たしてから考えるべきステップ」という思いは強く、
そしてその「夫婦再生」の難しさに日々絶望感や虚無感も感じていました。
正直なところ、今もそこがクリア!になった訳ではありません。

もともと、さえこさんとの個人セッションを中心にしていた私ですが、
リーダーの役割をいただいてミーティングを開催し、私自身がたくさんの出会いに
恵まれていった中で、また更に物の見方や考え方も変化していくようになり、
より「『自分』はどう生きていきたいのか」という軸が太くなっていきました。
それでも子どものことは散々悩んで、二人のリーダーを始め色んな人に相談をしていく中で
今回妊娠、そして無事に出産を迎えられる状況になれたのは、神様からいただいた
「ギフト」に他なりません。
もちろん夫自身の変化や努力もありましたが、それ以上に多くの仲間に支え励まされて
今ここにいると感じています。

最初思い描いたような夫婦再生―夫自身が新たな価値観を身に着け、
不倫問題を経験する前とは別の人のように生まれ変わり、新たに愛を育みなおす、
というイメージでした(壮大すぎるのかな?(笑))―
を果たせた訳では決してありません。
(実はどこかそれに対する後ろめたさがあり、ついこちらでもご報告が遅れてしまいました・・・(>_<))

それでも、手放しで仲間が注いでくれた祝福のメッセージや、
「自分なら今後何があっても大丈夫」と思えている今の自分自身には
ちょっぴり誇りも感じています。
特にリーダー二人がくれた、
『神様はその人のタイミングで何事もしかるべき道しるべをくださる』
『自分で選ぶ人生。私たちは皆苦しい中を生き抜いてきたのだから、もう大丈夫』

数回前のミーティングに来てくださった仲間Rさんが後日メールでくれた
『新しい命を授かられて、紆余曲折を謳歌なさっているのだなと眩しく感じます』

というメッセージは保存してあり、未だに気持ちがぶれたり不安になった時に
読み返しています。

紆余曲折を謳歌・・・
不倫問題を経験する前は想像さえできなかった価値観です。

5年前を思えば想像さえしなかった今の状況ですが、ここに導かれたのも
すべてさえこさんがスタートしたRSPとの巡り合いがあったからこそ。
今後もWEBなどを中心にできることから、少しでも今傷ついている方の
お役に立てたら・・・と願っています。
来月以降のスケジュールなど、また決まり次第こちらにも載せていきますので、
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>




日々心穏やかに

2014.05.26 23:27:14

こんばんは、フランボワ―ズです
皆さまお元気ですか?

次々と花開く春はとても好きな季節なのですが
時々この時期特有のエネルギーの凄さに圧倒されるような
気持ちになります

実は去年のこの頃に、もう何度か数えられないくらいの
再発覚がありました
そんなことを思い出しながら、またDPの誕生月も近く
何となく心がざわざわしていました

色々頭で考えてもまたぐるぐる回りをするだけ、と
心から信頼しているメンタ―に(今回はさえこさんではなくて別の)
相談に行きました
なかなか予約が取れないのにすぐに取れたのは
GO ! のサインです

セッションの90分の中で受け取った物は膨大です
自分の思考、自分の頭の中で考えていただけでは
到底行きつけない所まで導いていってくれます

帰り路はスッキリと心身軽やかになり
お洒落な靴を2足も買ってしまいました

このセッションの中身に関してはまた少しづつ
書いて行きたいと思いますが、今日はどうしたら解決策を
見出すことができるのか・・・ということに関して

たまたまセッションの翌日、手に取った雑誌の中のコラムです
『あなたの前にある宝の探し方』 神田昌典 著
という本の紹介記事なのですが
一部抜粋します

視点を変える一つの方法はそれが自然にできる人たちと集うことでしょうね
問題に直面した際、不満を述べるだけか、ポジティブにりフレーミング
(心理的な枠組みの変換、意見や見方を変えて行動様式を変化させる)するか
自然にりフレーミング出来る人と出会えたら、こういう物の考えかたが
あるのかときづかされるはずです
人生で最悪と思われるような非常に厳しい状況を乗り越えた人は
その実感が伴いますので、自然とりフレーミングする癖が
見につくわけです
                   出典 スミセイ BEST BOOK 5月号

まさにそうなんだなあ、と思いました
いつまでも自分の中で考えているから堂々巡り
混乱、そして自己嫌悪

平穏にたどりついたとは思っていても日々のアップダウンはあって

だからこそのミーティング、こういう時のカウンセラー
どんどん他力本願で拾い上げてもらいましょう

良い事ないかなあ、と待っているのではなくて
どんな状況のなかでも自分で幸せを見つけに行って下さい
雨ざらしの中にいつまでも自分を独りで立たせておかないで

これはセッションで頂いた言葉です
しみじみと良い言葉だなあ、と思います

人生の中での幸せと不幸のバランスについても面白いお話しを
聞くことができました
それはまた次回に書きたいと思います

これを書いている最中に雨が降り始めました
今の私は雨ざらしになっても走りぬけていけるエネルギーが
あるのだ、とりフレーミングしています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月のミーティングの予定です

13日(金) 10時から12時
13日(金) 13時から15時
14日(土) 10時から12時
28日(土) 10時から12時

私達の予定と施設の空き状況で中旬に続いてしまっていますが
平日と週末を組み合わせています
時間の調整は可能です
それぞれ5日前を締め切りとさせていただきます

託児やそのほかの日時をご希望の方はご連絡下さい

参加費 3000円

bantokyo2008@gmail.com








                








こんばんは、フランボワ―ズです
連休が終わり日常が戻ってきました
ちょっとホッとした気分です

不倫発覚当初、それから何年もの間
連休はとても辛い時期でした
家族でにぎわうこの時期、どこへ行っても
仲の好さそうな夫婦、家族が目につき
テレビを見れば大きなスーツケースを抱えた人達が
どんどん海外へ行く映像が流れます

発覚の年、もう終わったこと、と言いながら
この時期DPと海外へ行っていた事実
それを前もって知りながらも笑顔で送り出した自分に
今なら 喝 の一言を言いたいです・・・

でも当時の私はそれしかできなかった
そこから今まで本当に色々な事を私は乗り越えてきたのかな?

ふと、そんな事を考えています


先日もミーティングでキャンディさんや仲間と
発覚当初の Being と Doing の事について話あってきました

発覚当初は心も身体も大きく傷つき、それこそ足元が
ぐらぐらして現実感がなくなります
この時期にまず出来るのは身体のケア
眠ること、食べることすら困難な状況になります

そんな状況の中でも頭だけは必至にフル回転しています
あまりにも辛いので何とかならないか、と
APの反省があり謝罪があり、供に乗り越えていこう!
というヘルプがあれば、状況ははるかに良いのでしょうが
残念ながらそういう方はここを覗いていないでしょう

そんな状況の中で何ができるのか、できないのか

Doing 何かをしなくては、どう動くべきか、どうしたら
この状況が変わるのか・・・
私も必死でやみくもに動き回っていました
それでも、心も身体も瀕死の状態で動き回るのは
とてもとても大変なこと、そしてこんな事態の終息は
ひとりでは無理なこと

頭ではわかっていました、わかっていたけれど
動かずにはいられない、それが不倫問題の厄介な所なのでしょう

だからこそ、今苦しみの真っただ中に在る仲間には
とにかく、休んで、と言いたいのです

あの時、作り笑顔で送り出した私
それもあの時に考えられる限りの作戦の一つでした
心も身体もがちがちに固まった中で取った選択肢の一つ
心は泣き叫んでいたのに、心の声にふたをしていました

そこから6年間、本当に色々な事があり
自分では自分なりに行動していた、と思っていたのだけれど
いつしか Doing より Being の状態へと移行していきました

行動と心の声が少しづつ寄り添い始めました

そして振り返れば本当に長い年月がたっています
不倫の苦しみや痛みはまだ自分の中にも在り
ハードルみたいにピョンと乗り越えていけるものではないようです
憎悪の念や復讐など、真っ黒な考えが浮かぶこともあります

それでも今振り返ってみて、あれだけの混乱を引き受け
全てをゆるすことができる自分を誇りに思います

私は不倫問題を乗り越えたのではなく
流されてきたのかもしれない

また、これからも大きな波は来るだろうけれど
高波を乗り越えずに流されていこうと思います


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月のミーティング予定です

5月9日金曜日のミーティングは催行人数に達しないため
キャンセルとなりました

次回は5月25日(日)10時から12時です

参加費 3000円

託児や日時の希望などありましたらお問い合わせください
5日前を締切日とさせていただき
催行人数に達しない場合はキャンセルとさせていただきます

bantokyo2008@gmail.com
























1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47